心の奥の日本、そしてスペイン(終了)

<おかげさまで、大盛況でした。ありがとうございます。>

 

皆様、お待たせいたしました。 2016年度コンサート光ソサエティーのディナーコンサートは、ギターの巨匠荘村清志氏と、新進のソプラノ小林沙羅氏のコンサートです。今年、没後20年を迎える武満徹氏の曲と、スペインの曲を特集。
ディナーも、着座形式に変わり、座席数に限りありますので、お申し込みは早目にお願いいたします。

—–
2016年度
コンサート光ソサエティー ディナーコンサト
「心の奥の日本、そしてスペイン」

荘村清志(ギター)、 小林沙羅(ソプラノ)
日 時: 2016年11月22日(火曜日)
午後6時半 開演(6時開場)
場 所: 日本外国特派員協会(有楽町電気ビル北20階)
参加費: 10,000円(会員)、 12,000円(ゲスト)
曲 目:  エキノクス、森の中で、小さな空、死んだ男の残したものは(武満徹)
魔笛の主題変奏曲(ソル)、入り江のざわめき(アルベニス)、七つのスペイン民謡(ファリャ)  他
(曲名は変更の可能性があります)
お問合せ: コンサート光ソサエティー (concert.ko.society「AT」gmail.com)
# 「AT」 の部分を @ に置き換えてください。